ターゲットフレーム


ターゲットの設定を行います。
※注意:ブラウザによっては扱うことができない場合がありますので、注意して下さい。

●ターゲットの種類

target="フレーム名" フレーム分割したファイル内でフレーム名をつけたところに表示させます。
target="_top" 画面に全体に表示させます。
target="_self" 同じフレーム内に表示させます。
target="_blank" 新しくウィンドウを設けて表示させます。
target="_parent" 親フレームへ表示させます。フレーム分割したページにさらにフレーム分割したページを読み込んだ場合に使用します。

●ターゲットの説明

画面の流れ 説  明
A
目次
B
タイトル
C
本 文
目次 タイトル
自己紹介
『index.html』フレーム分割を指定したファイル(固定)

【フレームA】
 『menu.html』・・・<フレームC>へリンク先のページを表示させる指定をしたファイル
  <A href="main.html" target="main">自己紹介</A>
【フレームB】
 『title.html』・・・タイトルのファイル(固定)

【フレームC】name:main
 『main.html』・・・本文などを書いたファイル
 『profile.html』・・・自己紹介などを書いたファイル
『profile.html』のターゲット先の設定によって画面が以下の通りに表示されます。
目次 タイトル
本文
『profile.html』
   <A href="main.html" target="main">戻る</A>
     もしくは
   <A href="main.html" target=" self">戻る</A>
全画面
本文のページ
になります
『profile.html』
   <A href="main.html" target=" top">戻る</A>
目次 タイトル
自己紹介
プラス
全画面
本文のページ
になります。
『profile.html』
   <A href="main.html" target=" blank">戻る</A>

新しい画面が立ち上がり、本文のページが表示れます。
    


◆戻る