previous
index
next
『郵政省』と『文部省』の肝入りで、「教育分野におけるインターネット活用促進に関する懇談会」ってのが発足したそうです。

『子供たちが自由にインターネットを活用できる環境づくりを目指して』と題する第1回目の会合の報告書が、『郵政省』から公開されています。(なっ、長いタイトル!)
ページ中に現状での「課題」が挙げられています。
◆学校教育で利用できる教育用コンテンツの充実
◆教職員研修の充実
◆有害情報の除去
◆インターネット接続及び活用について学校に対する相談・支援体制
◆通信回線の専用化、高度化
◆学校における料金の負担の在り方
なるほど、いっぱいありますなあ。
はてさて、遅かれ早かれいつかは教育現場に導入されるインターネット。親御さん方もご自身で、どうお子さんに教えていったら良いか考えてみませんか?
官庁のページにはリンクバンク(ホームページ集)より『中庭から』でどうぞ。

参考: 『中庭から』(岡林哲夫氏) 『郵政省』 『文部省』

リンクバンク


平成10年1月28日

This page is brought to you by MiS.
Copy right 1998,all rights reserved.
Please send your message mail to:
support@mis.or.jp