ごみ置き場について

 〇〇〇町のごみステーションがいつ見ても汚い。
子供達の通学路にもあたるため子供達の心への影響も心配であります。
出来ればごみステーションの移転も考えてほしいと思います。

市の対応

 ごみステーションがいつも汚れているとのことですが町内会でどのようにしたらよいか、ご相談していただけたらと思います。市では機会あるごとに広報や回覧にて啓発しておりますが、さらに町内独自で徹底した啓発を行いたいと言うことであれば、こちらで回覧(または各戸配布チラシ)を作成したいと思います。その場合はお手数出すが町の役員のかたがたから生活環境課減量対策班までご連絡ください。
 なお、町内の方の出し方が悪いという事であれば、チラシ配布などで効果が出ると思われますが、町外のかたがたによる通りがかりの投棄が原因であれば、チラシを配布してもあまり効果がないと思われます。また、ごみステーションへの投棄では警察もなかなか介入できません。そこで、ごみステーションの移転(その場所の廃止)が可能ならば移転することで、以降その場所への投棄が全て不法投棄となり、警察(もしくは市環境保全課)による指導を行うことが可能になります。この場合はお手数ですが、町の役員の方から中央クリーンセンター(рQ2−1153)までご連絡ください。
 いずれにせよ一度町内にこの状況を知っていただき、どのように対応されるか検討していただいた方がよろしいかと思います。市においても必要に応じて啓発を進めていきたいと考えております。
乾電池.蛍光灯の回収について

 4月より粗大ごみの有料に伴い各町においての回収がなくなるようですが今まで同時に行われていた電池と蛍光灯の回収はどうなりますか。

市の対応

 4月から粗大ごみが有料個別収集に切り替わり、粗大ごみステーションが廃止することに伴い、同時に収集していた有害ごみについてもその方法が変更されます。
有害ごみのうち、蛍光灯、乾電池については家電販売店やホームセンターなどの拠点回収となります。また、体温計、鏡については透明の袋に入れて資源ごみステーション(缶、ビン回収場所)に出していただくことになります。 
市民駅伝インターネット配信について

 岡崎市の1大イベントである市民駅伝。本大会は区間新が5つも記録されるレベルの高い大会でした。
上位チームの記録は報道機関で拝見しますが残り200名以上の記録はFAXサービス以外では取り出すことは出来ません。長い時間(6.7分)をかけ無駄な用紙を使い目的のデータを取りだすのは問題があると思います。
 そこでインターネット配信をお願いします。
市の対応

 市民駅伝競走大会の成績情報については、大会当日速報として、中央総合公園体育館への掲示板および電話FAXサービスによる提供をおこない、翌日にはホームページで各部6位チームおよび区間賞を公開、その後、各参加チームに全成績を送付するという流れで対応してます。
 今回ご提案いただきました、すべての個人記録を含めた総合成績のインターネット配信については、情報需要.サービス効果.技術的な面などのほか、成績が振るわなかった方を含めた出場者すべての個人成績を公開すべきかどうかと言った問題も勘案し、今後,検討していきたいと思います。
農道整備について

 年々圃場整備によって、農道も広くきれいになっておりますが、圃場整備の行われていない農道においては、一般の車両も進入して轍が出来荒れた道になっております。
 農家が作業するにあたって、大変不便な条件になっております。農道への一般車両の規制やブルドーザーで農道を均す作業は出来ないものでしょうか。

市の対応
 農地改良課では、地元の要望に基づき農道の整備を行っています。要望は土地改良区生産組合又は総代より提出していただきます。
 市道に認定されていない経営上必要な道路は、地元負担金が掛かります。要望書は毎年6月頃市内全域の土地改良区、生産組合又は総代さんに土地改良事業施行希望地区調書を送付し、来年度の希望地区を把握しています。
 また、採択されなかった場合には次年度も要望を出していただきます。
地元で希望地区の調整や要望順位、地元負担金の用意をしていただいた上で要望を提出していただいています。
 農地改良課としては、その中から緊急度を勘案して採択、不採択を決めています。。
ただし、全体のバランスや予算の枠もありますので、1町で何カ所も出来ませんが、用地、開発行為がらみなどの特別問題点がなく、希望順位1位であれば概ね採択される場合が多い状況です。





ふれあいドーム並びに農遊館システム変更について

 生産者が値段を付け販売する産直方法は生産者の意欲も向上し、また農業の衰退化に歯止めが掛かる良い方法だと思います。意欲の向上と共に個々の出荷物の他品目化が進みふれあいドーム.農遊館への利益にも大きく貢献していると思います。
 しかし、今のシステムでは野菜は売れたのですが一体どんな野菜が売れたのか全く分かりません。しかも1ヶ月後の1日.1日の売り上げだけであります。
 システムの改善をし、いくらのいちごが何パック.枝豆が何個.切り花の菜花がいくつと、品目が伝票に出るようにしてほしいと思います。
 今のままでは、経営分析が全く出来ません。

市の対応
 現在、各自でバーコード発行機に会員番号、野菜,果物等の別、単価及び発行枚数を入力して発行し、商品に貼り付け、陳列をするという作業をしてもらい、その商品がレジを通るとそのデータが収集され、会員ごとに1ヶ月分の売り上げを整理し、毎月売上げ明細をお渡ししています。
 明細内容は@売上月日A売上点数(単価の違うものも全て合計される)B売上合計金額(単価の違う物事には表示されない)で、確かに各自が出品された品名ごとには表示されません。
 当初会員の皆様には、バーコード発行機の入力方法において、なるべく簡単に入力出来るようにと考えソフトを開発しましたが、ご要望のように売上明細に商品名、単価、売上数量まで表示するとなると入力項目が増え複雑になり、明細枚数も増え、また現在のソフトでは対応できないため、システム開発にも膨大な費用が必要となります。
 各日売れ残った商品については、引き取っていただくことが原則なので、各自の入荷数量と売れ残り数量をチェックしていただき、売上明細と照らし合わせていただくことをお願いします。