協会設立趣旨

 

平成7年1月17日の阪神・淡路大震災の時に、多くの日本人は海外から派遣された災害救助犬の存在を初めて知りました。あの時日本に災害時に働ける救助犬がいたら、もっと多くの人の命を救うことができたと思われます。その悲しく苦い経験を教訓に、次に起きることが確実とされている災害に対して自分達にも何かできることがあるはずです。

災害救助犬は災害時にガレキなどに埋もれて行方不明になっている生存者の発見をするのが目的の犬です。生存の確率は時間と共に下がります。そのため、災害発生後24時間以内、冬季では12時間以内に発見しなくてはなりません。海外や他府県からの救助犬を待っているのでは間に合いません。災害が起きた時にすぐに駆けつけることのできる、地域に密着した地元で活動のできる災害救助犬チームが必要です。しかし、人命及び犬の命に関わる以上、ボランティアであってもプロでなければなりません。災害に対する深い知識、救助に関する高度な技術及び、人命を尊重する精神を持っていなければなりません。

同時に自分の犬を愛し、正しい方法で訓練をしなくてはなりませんし、災害時に助言を与えてくれる医学,建築学などの様々な分野の専門家、情報を的確に伝えてくれる情報基地、必要物資を調達してくれる後方支援団体等を組織し、実際の災害に対応できる専門家組織にする必要があります。

現在、アメリカ合衆国の国家レスキュー協会の正会員として、最新の救助技術、災害救助に関する情報の提供を受け、犬の訓練も順調に進み、出動できる体勢が整っています。実際の捜索活動にも20回出動して、行方不明者の発見に貢献しています。

災害救助犬の重要性が社会及び関係省庁に認知され、災害救助犬の普及を図り、実際の災害時に出動し、一人でも多くの人命の捜索救助に携わるためには、一個人ではなく、信頼性の高い法人として活動する必要があります。そのために特定非営利活動法人愛知災害救助犬協会を設立しました。