入会申込確認事項

(入会を申込む前によくお読みください。)

この法人は、日本国内及び国外において、災害時に災害救助犬による被災者の捜索救助に関する事業を行うとともに災害救助犬の育成及び訓練に関する事業を行い、併せて平時における行方不明者の捜索救助に関する事業を行うことにより、人命救助及び地域の安全に貢献し、もって公益の増進に寄与することを目的とする。

(定款第2章第3条)


会員は、次の4種とし、正会員をもって特定非営利活動促進法上の社員とする。
  (1)

正会員

この法人の目的に賛同し、実際に活動に携わるために入会した個人
  (2)

法人会員

この法人の目的に賛同して入会した法人
  (3)

賛助会員

この法人の事業を賛助するために入会した個人
  (4) 訓練会員 救助犬の訓練又は救助捜索活動に携わることを望んで入会した個人

正会員は、次に掲げる条件を備えなければならない。
  (1) 災害救助犬のハンドラーであり、災害時に出動できる者
  (2) 救助捜索隊員で、災害時に出動できる者
  (3) 認定試験に合格した訓練会員で、災害時に出動できる者
  (4) 協会の運営に携わる者
  (5) 協会の活動に専門家としての助言を与えることができる者

法人会員及び賛助会員は、次に掲げる条件を備えなければならない。
  (1) 災害救助犬の必要性を十分に理解する者
  (2) 災害救助犬の育成及び訓練の援助を望む者

訓練会員は、次に掲げる条件を備えなければならない。
  (1) 自分の犬を災害救助犬にしたいと望む者
  (2) 災害時に救助隊員として救助捜索活動をしたいと望む者
  (3) 犬のしつけ訓練が自分でできる者
  (4) 6ヶ月間に10回以上の訓練及び宣伝、募金等の活動を行った者

会員は、総会において別に定める入会金及び会費を納入しなければならない。
  正会員 入会金

5,000円

年会費

6,000円

  法人会員 入会金

30,000円

年会費

60,000円

  賛助会員 入会金

なし

年会費

5,000円

  訓練会員 入会金

10,000円

訓練費

2,000円(1回につき) 


正会員、法人会員及び賛助会員が次の各号のーに該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
  (1) 退会届けの提出をしたとき。
  (2) 正会員及び賛助会員本人が死亡し、又は法人会員である法人が消滅したとき。
  (3) 継続して2年以上会費を滞納したとき。
  (4) 除名されたとき。

正会員及び法人会員は、理事長が別に定める退会届を理事長に提出して、任意に退会することができる。

現場に出動する正会員は、救助犬の訓練活動及び災害研究活動に参加して、ハンドラー及び救助捜索隊員の資格試験を受けなければならない。(救助捜索隊員の資格については別記)

訓練会員は、次の各号の一に該当するに至ったときは、その資格を喪失する。
  (1) 訓練期間中に犬が救助犬として不適当と判定された時
  (2) 会員自身が救助捜索隊員に不適当と判定された時

訓練会員は、会員が救助犬のハンドラーに認定された時、又は救助捜索隊員に認定された時は、正会員に申し込むことができる。

会員が次の各号のーに該当するに至ったときは、総会の議決により、これを除名することができる。この場合、その会員に対し、議決の前に弁明の機会を与えなければならない。

  (1) この定款等に違反したとき。
  (2) この法人の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき。

既納の入会金、会費及びその他の拠出金品は、返還しない。

正会員は総会での議決権を持つが、協会の事業に協力しその発展に貢献しなければならない。

法人会員、賛助会員及び訓練会員は総会での議決権を持たないが、機関紙や活動報告書にて協会の活動を知ることができる。また、年2回の活動報告会及び親睦会に参加し意見を言うことができる。

 
 
 

資格試験

1 ハンドラー資格
 
① 犬を自ら訓練した者
② 救助犬とのチーム試験に合格した者
③ 救助犬運搬車両を持つ者
④ 救助犬用の装備品を持つ者
⑤ 救助活動技術を習得し、資格試験に合格した者
⑥ 要請のあった時に出動できる者
⑦ アマチュア無線の免許を持つ者
⑧ コンピューターを操作できる者
⑨ 英語を話せる者(海外派遣要員)
⑩ 応急救急処置の講習を受けた者

 

2 救助捜索隊員
 
① 健康で体力のある者
② 救助活動技術を習得し、資格試験に合格した者
③ 要請のあった時に出動できる者
④ アマチュア無線の免許を持つ者
⑤ コンピューターを操作できる者
⑥ 英語を話せる者(海外派遣要員)
⑦ 応急救急処置の講習を受けた者

 

3 救助技術習得科目
ナビゲーション
  プロフェッショナルコンパス
  ② 地図
  ③ 高度計
  ④ GPS
  ⑤ 距離測定器
気象
建物構造、建物危険判断
危機管理
災害
  ① 地震
  ② 台風
  ③ 洪水
  ④ なだれ
  ⑤ 土砂崩れ
  ⑥ 飛行機事故
  ⑦ 爆発
  ⑧ その他
化学物質
行方不明者
  ① 痴呆症
  ② 自殺
  ③ 迷子
  ④ アルツハイマー
野外生活
動物行動学
その他

 

 

4 救助犬チーム試験
① アジリティー(ハシゴ、高所、トンネル、足場の不安定な場所等)
② アラート(目、尾、掘る、吠える)
③ ガレキ捜索(時間、捜索方法、安全性の確認等)
④ ハンドラーの態度(犬の扱い方、指示の適正、現場での他の救助関係者への対応の仕方 等)
⑤ 犬の態度(服従度、捜索意欲、他の救助チームへの対応の仕方等)
⑥ チームワーク(信頼度等)